• レバ規制なし!
  • 手数料無料の海外ブローカー!


現代におけるデイトレーダーの地位


インターネットと株式市場が融合しはじめた創世記においてFX初めて業界内において、「デイトレレーダー」という言葉が流行りました。しかし運悪く、その時ちょうど株式取得によるM&Aによる実態の薄い成長を遂げた急進の企業が問題になったりしたせいで、その言葉に何か悪いイメージが付いてしまった印象を受けます。

しかし、デイトレーダーは悪い物でも一時の流行でもありません。安定期に入ったとも言えるインターネットトレード界において、確固たる地位を築いています。

最近株や、fxを始めたり、検討中という人に向けてデイトレーダーという言葉を説明しておきますと、デイトレードを主に株式売買を行うのがデイトレーダーです。デイトレードとは、一日の中で一つの銘柄を買ってそして売ることにより、市場が閉まるときには株を持たない状態になるような超短期的な売買するトレードスタイルを指します。


xmxm日本語で対応しているブローカーのなかでも、XEMarketsのサポートは、抜群だということがいえるでしょう。電話やメール、チャットで対応してくれるスタッフは、日本語での対応が可能です。さらに、このバックスタッフな、24時間、365日、常にお客様のために大気しています。こういった安心なバックサポートがあるからこそ、日本人のお客様にも安心してトレードを実施していただけるようになっているのです。また、プラットフォームについても、充実を図っています。iPhoneだけではありません。DroidTraderなど、全部で7種類のプラットホームで対応しています。さらに、どのプラットフォームでも、日本語対応が可能です。

24242424optionが、多くのユーザーに支持されているのは、日本語対応が可能、また日本の会社では取扱ができない商品を取り揃えているからです。新感覚のオンラインカジノサイトという言葉通り、FXや株式といった金融商品を扱い、ローリスクで勝てば配当がもらえます。世界最大のバイナリーオプションとして有名な24Optionは、世界最大の取扱業者ですので、取扱銘柄が多岐にわたり種類が豊富です。各種通貨、先物、株価など、様々な商品のバイナリーオプションに挑戦することができます。気に入った銘柄を見つけやすいというのも魅力の一つでしょう。オンラインチャットで日本語のサポートも受けられますので、初心者の方でもすぐに始められます。(詳しく解説)

binary8888バイナリー88を利用する際の利点は、口座開設に必要な初回の入金がクレジット カードなら1万円もしくは100アメリカドルで、銀行振込だと、10万円もしくは1000アメリカドルから始めることができる点です。最低取引額は1000円からです。取引方法は、タッチ、60セカンド、レンジにハイローといったところで、ペイアウト倍率は1.78となっていま す。アメリカドルと日本円、ユーロと日本円、イギリスポンドと日本円、ユーロとアメリカドル、イギリスポンドとアメリカドル、オーストラリアドルとアメリカドル、ニュージーランドドルとアメリカドル、アメリカドルとカナダドル、アメリカドルとスイスフラン、アメリカドルとブラジルレアル、アメリカドルとトルコリラ、アメリカドルとロシアルーブル、ユーロとイギリスポンド、ユーロとスイスフランというラインナップです。バイナリー88は海外の業者で、携帯やスマホからの利用にも対応しています。

smartsmart 2011年からサービスを始め、現在注目されているバイナリーオプションの業者 がスマートオプションです。既に海外で評判の高いSpot Option社と提携して、プラットホームを作り上げました。ハイローオーストラリアがいまの盛りですが、その中でも海外でバイナリーオプションを扱う業者でもかなりの老舗だったのがSpot Option社です。つまりその質の高いノウハウを持った上で作り上げた信頼のおけるプラットホームなのです。スマートオプションがユーザーの人気を集めているのは、取引できる銘柄がとても多い点です。取引できる種類が多 いほど、取引で成功する方法は多くなるといえます。その銘柄は商品先物、株や株価指数、外国の為替といったとこ ろですが、為替の組み合わせは実に13ペアもあります。これは、トレーダーにとって嬉しいことで、もスマートオプションの最大の特徴といえるでしょう。


株を持っている状態の事をホールドと言いますが、言い換えればなるべく株式をホールドしない取引の方法がデイトレードと言えます。インターネットによる株式投資がこれを成り立たせた為、古参の専門家が監修する入門書には、デイトレードは資産運用である投資ではなくギャンブル性の高い投機であると、初心者をそこから遠ざけようとしているものがあります。

しかし私は、株式投資の初心者はむしろデイトレレーダーとして市場に参加すべきだと考えます。それには以下のような理由が挙げられます。

一つは損失の可能性をなるべく低くするという点です。株価は世界中で起きるありとあらゆるものを取り込みます。上場企業の業績はもちろん、暴動や豊作、政治スキャンダル、はては風評や憶測までといった具合です。しかもそれらは、(日本が)夜だったり、休、祝日だったりします。まだ取捨選択もおぼつかない初心者が、それらを処理しようとすると、おそらく続かないでしょ う。

また、「SQ値」はご存じでしょうか。この値は第二金曜に決められるのですが、この時株価は複雑な動きをします。そういった分からない出来事がある時や、分かりづらい株価の動きを市場が示す時に、株をホールドしていないことは最大の防御なります。

もう一つは、株式に対する学習です。うまくいけば、トレードしている最中にポジティブサプライズのニュースがでて、それに反応し株価が伸びていくというダイナミックな株式を体感することができます。そうでなくても、株価ボードにより売りと買いの数量を知ることができたり、それがぶつかって株価となる瞬間を目の当たりにできます。このように実態が見えた方が気合いの入り方も違い、生半可な形で手をだして損失を出すということも少なくなるでしょう。

デメリットといえば、ディフェンシブであるが故に見返りが少ないといったところでしょうか。小額の利益だとどうしても投資会 社に支払う手数料にかき消されがちです。しかしそれも、最近はかなり安く売買ができるようになったので欲張らなければ最初からプラスにできることが可能かもしれません。